中村聡史研究室

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科: Human-Information Interaction / Lifelog / BADUI

2018年度 修了生: 松田 滉平【修士(工学)】

      2019/04/23

松田 滉平 さん

学部3~4年生+修士1~2年生の合計4年研究室に在籍し,表彰2回,国際会議発表2件(主著が1件),国内会議発表12件(主著が6件)と,わずか4年間でかなりの成果を残しました.

研究は,学部3年生の時には音楽動画に対してエフェクトを付与可能とし,新たなコンテンツ体験を創出する研究に取り組みました.また,学部4年生からはタスク管理の研究に取り組み,テキストではなく画像によるタスク管理(およびやりたい事管理)の可能性について研究を行いました.卒業研究では,画像によるタスク管理システムをiOSアプリ(PhotoDo:パシャボン)として実装し,その有用性,使われ方などについて分析を行い,対象だけでなく,ひとの顔画像を使った面白いタスク管理の可能性を見出しました.その結果が国際会議などに採録されました.

修士課程においては,そもそも画像がテキストに対してどのようなアドバンテージが有るのかについて,様々な実験を繰り返すことにより検証しました.いろいろな実験の結果,テキストと画像に覚えやすさにおいて違いはないものの,テキストに比べてタスクを表現した具体的な写真はタスクに取り掛かるまでの時間が半分に短縮されること,そして画像としては具体的な写真は効果があるものの,イラストのような画像は効果が薄く,こちらも写真に比べてタスクに取り掛かるまでの時間が2倍になることなどを明らかにし,一連の研究は修士論文「PhoToDo: ビジュアルトリガによるタスクに対する行動促進手法」としてまとめられました.

松田君は,研究室内のプレゼンに色々な仕込みをすることが多く,随分とそのプレゼンで楽しませてもらいました.また,もともとタスク管理について研究をやっていませんでしたが,研究室のタスク管理研究を推進し,色々な成果に繋がりました.さらに,それ以外でもノイズキャンセリングミュージックという,音楽による雑音低減に関する研究にも取り組みました.

2019年4月から,ヤフー株式会社に就職し,エンジニアとして開発に取り組んでいるようです.どこかで見かけましたら,是非ともお声がけいただきますとともに,ご支援をよろしくお願いいたします.

業績

 - news, OBOG , , , ,