中村聡史研究室

明治大学 総合数理学部 先端メディアサイエンス学科: Human-Information Interaction / Lifelog / BADUI

HCS研究会で「レシピ伝達における個性共有のための調理行動分析」というタイトルで発表してきました!(土屋駿貴)

   

[はじめに]

新年度になるとともに大学院に進学してからというもの、これまで以上に1日があっという間に過ぎてしまいます。毎日怯えています。中村研究室M1の土屋駿貴です。

さて、2017年5月16~17日に沖縄県那覇市は沖縄産業支援センターにて開催された「電子情報通信学会ヒューマンコミュニケーション基礎(HCS)2017年5月研究会」に中村先生・久保田と参加し、研究発表してきましたのでその報告をさせていただきます。

 


[発表内容]

私は料理に関する研究を行なっており、前回3月10~11日に行われたエンタテイメントコンピューティング研究会(EC43)で「調理行動からの個性抽出の可能性に関する検討」というタイトルで発表させていただきました。詳細については発表報告の記事を読んでいただけたらと思います。今回の研究は、そのような前回の結果を踏まえた上で、発展させた内容となっております。

突然ですがみなさんこのような経験はないでしょうか?

  • 家族や友人と食事をしている際に、料理に対する味の感じ方が違う(味の濃さや辛さについて)
  • クックパッドで美味しいとおすすめされているレシピを実際に作ってみたら自分の好みじゃない

ちなみに私は結構よくあります。

私の研究の最終的な目標は、こうした味の感じ方のギャップを埋めていくことであり、特に後者のような場面において、初めて作るレシピでも自分の好みの味付けで作ることが出来る!ということを目指しております。具体的な方法としては、レシピに表示されている調味料の使用量を、自分が好きな味になるような使用量に変えて表示することを考えています。そのために一人一人の味の好みの違い、つまり個性に着目しました。イメージは下図のようになります。

今回の研究は、この目標に向けた第一段階として以下の2点に関して検証を行いました。

  1. 調味料使用量に個性が現れるのか
    そもそも調味料使用量に個性が現れるのかを確認する
  2. 自身の調味料で作られた料理に対してどのような認識か
    自身の調味料使用量で作られた料理を判別できるのか、またそれを好むのか

この2点について検証するために、まず調理実験として普段から料理をする大学生7人に協力していただき、その際の調味料使用量を取得しました。

このデータを用いて1については、SVMを用いた調理者判別とK-meanを用いた調理者クラスタリングを行いました。また、2については、調味料使用量のデータから調理し食べていただき、アンケートをとりました。

以上の検証から、この研究でわかったことを簡単にまとめますと

  1. ・調味料使用量における個性はある料理ごとに現れるのではなく、横断的に現れる
    ・濃さレベルであれば個性によって調理者を分類可能
  2. ・正しく自身の料理を判定できた人が少ないことから細かい味の判別は苦手である
    ・濃さをちょうど良いとした料理を好むことから、好みの濃さの基準を持っている

となりました。つまり、今回の結果だけを見ると、料理レシピに調味料使用量における個性を反映させる際には、濃さレベルで反映させることでレシピを見て作った際の満足度が上がるのではないかと考えております。

とはいえ、やはり味の感じ方は結構ブレが多いため、なかなか難しいなと言うのも印象で、もっと実験を繰り返すことにより、ブレがないところはどこかなどを明らかにしていこうと考えています。

詳しい結果や内容に関しては、下に論文と発表スライドを載せておきますのでご覧いただけたら幸いです。

[論文]

土屋駿貴, 中村聡史. レシピ伝達における個性共有のための調理行動分析. 信学技報, vol. 117, no. 29, p. 139-144.

 

[発表スライド]

 

[感想]

今回は、約2ヶ月ぶりの学会発表ということで、それほど緊張することもなく発表することができたのではないかと個人的に思っています。ただ、落ち着いて発表できたからといって発表を聞いてくださっている方々にうまく伝えられているという訳ではないので、これからも自分の研究をうまく伝えられるような発表をしていけたらと思います。質疑の時間では「面白い研究だと思うが難しい。認識実験に関して今回の条件では調べたいことが多すぎるため段階的に統制して行なうべき」というようなご意見をいただきました。確かに、制限がゆるく調べたいことが多すぎたと思っております。今後の実験設計に注意していきたいと思います。貴重なコメントをありがとうございました。

また、今回の開催地は沖縄!!

私は初めての沖縄だったので行く前からウキウキしていたのですが、向かう前日くらいに梅雨入りという情報……実際に滞在中は天気の悪い日が多かったのです……しかし!少し晴れたタイミングで綺麗な海が見れました!!加えて沖縄料理もたくさんいただきました。私は特に沖縄そばがとても美味しく気に入ってしまい、短い滞在中に2,3杯いただきました(笑)

研究会に参加したり、沖縄を楽しめたりととても充実した時間を過ごすことができました。
今後も研究活動に専念していきたいと思います。

 - news, research , , , ,